サッカー沼



思えばヴィアティンとの出会いは息子がヴィアティンのサッカースクールに通い出した3年前

何とか体力を消耗してほしくて笑、本人に聞いたらサッカーがやりたいってことで、一番近くのスクール=ヴィアティンサッカースクールに入会しました


私の兄が小学生のときにスポ少でサッカーやっていたり、「キャプテン翼」の漫画が全盛期(だと思う)だったりで、大空翼、日向小次郎という名前やオーバーヘッド、カミソリシュートという技の名前?なんかは知っていたけど、ルールは全くわからず


両親はドラゴンズファンで、ナイター中継をよく見ていたり、たまに名古屋球場に野球観に行ったりしていたので、野球の方がルールはわかっている感じです


そんな状態なので、今までサッカーは全く興味がなくて、ワールドカップをやっていても観たことがないくらい、サッカーには縁のない生活でした笑


息子がスクール入ってからもスクールに任せっぱなしで、ボールに大きさがあることも知らずに、年齢に合わないボール買っちゃったりしてました


三重県にはJのサッカーチームがない、と言われても、ヴィアティンが所属しているリーグが何なのかもわかってなかったし、試合があっても息子と夫で行ってもらったり


なもパンオープン1年目でバタバタだったというのもありましたが


そんな中、ヴィアティンの選手がなもパンに来てくれるようになったり、去年のファン感謝祭に参加してすごく楽しかったり、選手の名前と顔が一致するようになったり、だんだんとサッカー沼、ヴィアティン沼にはまっていくようになりました


いや、ファンの方々からしたらまだまだなんでしょうが、サッカーと無縁だった自分が試合観戦に行ったり、ファンクラブに入ったり、Jに昇格するための条件を知ったり、まさかの展開に自分自身驚いてます笑


とはいってもサッカーのルールは難しいし、ポジションがどうとか、プレスがどうとか、まだまだわかりません

でも前は90分がすごく長く感じてましたが、最近はあっという間に感じます

ハラハラドキドキしながら観るのが楽しいし、勝ったときにはその後の一週間がウキウキしたり


これがサッカー沼ってやつなのでしょうか笑


先日8歳になった息子とともに、サッカー勉強頑張っていきます

もちろんパンの勉強もね‼️


昨日のキックターゲット

息子さんめっちゃ満喫してました




閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「なもパン」の「なも」ってどういう意味なんですか? よく聞かれます(笑) 名古屋弁で「~なも」って使ったりするみたいですが、桑名っこの私は使いません・・・ 「なも」は大学時代に呼ばれていたあだ名です 私の本名は「尚子(なおこ)」で、小さい頃から「なおちゃん」「なおこ」と呼ばれていましたが、あだ名らしいあだ名はなくて 大学2年生のときにトルコ・ギリシャ・エジプトの三か国周遊旅行に行ったんですが、 ト

早いものでもうすぐ開店1周年を迎えようとしています 2021年3月23日になもパンはオープンしました コロナ禍真っ只中 当初はコロナ禍ということで、新規飲食店への融資は不可となり、数カ月にわたって計画が全く進まない時期もありました 事業計画書を練り直し、いろいろなところへ相談、無事融資を受けられてからもなんだかんだあって、あっという間にオープンを迎えたような感じでした パン教室は経験があったものの