top of page

てしお夢ふぁーむへ

なもパンでは、ピタパンやサラダに使うフリルレタスは、てしお夢ふぁーむさんのものを使っています


てしおさんは木曽岬町にある農園

障がい者就労継続支援A型事業所ということで、現在は20数名の障がい者の方、パートナーさん、4名の社員さんで運営しているそうです


毎週納品してもらっているのですが、農園には行ったことがなくて

先日、少し時間があったので見学がてら、農園に行ってきました


なもパンからは車で20~30分くらい

木曾岬町ののどかな田園風景の中にてしおさんのハウスがありました


その日もたくさんの方が仕事をされていて、代表の方が案内してくれました

なもパンで主に使っているフリルレタスや小松菜、ミニトマトがたくさん育っていました!

フリルレタスや木曽川農業用水を使った水耕栽培

ハウスで育てているので、年間通して収穫できるそう

少しずつ時期をずらして育てていって、常に収穫できるように計算しながら、でもハウスとはいえ、気候や天候に左右されるので、いろんなご苦労があるんだと思います


真夏にはハウスの中の気温が40~50℃になるので、安定した収穫はなかなか難しいそう

なもパンでも、真夏のフリルレタスは何度か収穫できなかった、とのことで他のフリルレタスを使ったこともありました

でも何より作業している方たち、そんな高温の中でのお仕事はほんとに大変だと思います。。。


フリルレタスの他にも、小松菜やミニトマトも栽培されています

なもパンでもてしおさんの小松菜、ミニトマトをスープやサラダなどに使ってます

なもパンのスープに小松菜が多い理由は、これだったりします(笑)

新鮮でおいしいので!


小松菜はこんな種から育ててるんだとか!

すごいなー!!!

てしおさんのフリルレタスはクセがなくて、シャキシャキしていて、ピタパンにもぴったりなので、開店当時からずっと使わせてもらってます

そして、障がい者の方たちの「就労」を少しでも支援できればいいなという思いもあって、他のお野菜も含めててしおさんのものを使わせてもらってます

小さなパン屋なので、使用量はわずかなものですが

案内してくれた代表の方

「気候や天候に左右される農業は、どうしても閑散期や作業のない時期ができてしまうけれど、それだと障がい者の方の仕事がなくなってしまう

この時期は仕事がないから来なくていいよ、ではダメなので、年間通して仕事が途切れないように、少しずつ収穫時期をずらしたり、真夏、真冬でも収穫できるよう空調を整えたりやってます」

とお話ししてくれました


また、誰がどこに配置されてもいいように、植え付けや移植の作業について、見える化、ルール化されていました

社員さんやパートナーさんが一緒について作業しなくても、障がい者の方一人で作業できるようにいろんな工夫がされていました


障がい者の方が安定して仕事に就けるように、いかに継続して作業を途切れないようするか、そこをとても大切にして運営されているんだなあ、という代表者の方の想いが一番印象に残りました

簡単なようでいて、きっととても難しいテーマなのだと思います

障がい者の方も社会の一員として、きちんと就労して、きちんと報酬を得る

そんなことが当たり前にできる世の中になりますように


なもパンでは今後もてしおさんのお野菜、使わせてもらいますよー!

「てしお」にかけて育てられたお野菜、大切に使わせてもらいますね


てしおさんのお野菜は、バロー桑名東店やスーパーサンシ各店などで取り扱ってみえますので、見かけたときはぜひ手に取ってみてください


最新記事

すべて表示

番犬ららちゃん

我が家の愛犬ららちゃん いつもは基本寝てます笑 最近は無印の「人をダメにするソファ(ビーズクッション)」がお気に入りで、 それに埋もれるようにして寝てます クッションは2つしかないので、家族の誰かが使っていても、 そばまで来て「どいて?」という顔で訴えてきます もちろんらら優先なので、みんなクッションを譲りますよ笑 基本寝てるんですが、誰かが家の近くを通ったり、 宅配便が来たりすると、番犬の役目を

ヴィアティン三重を応援してます

ずいぶん前にこのブログでも「サッカー沼」と題して サッカーにハマりだしたきっかけについて書いたことがありました 今日はヴィアティン三重との出会いについて 以前書いたように、一番最初の出会いは現在小3の息子が ヴィアティンのサッカースクールに通いだしたとき 息子が年中のころなので、5年近く前になります 当時はスクールコーチはみんな同じ人に見えるくらい、見分けもついてなかったし、 どんな人がコーチやっ

Comments


bottom of page